テーマ:

『いい事の詰まった樽』

『いい事の詰まった樽』 ゼウスの神は樽に 『いい事』をいっぱい詰め しっかりと蓋をして ある人に預けたらしい その人は樽の中身が知りたくて知りたくて我慢が出来ずに とうとう樽の蓋を少し持ち上げて中を覗こうとした その途端に中に入っていた『いい事』は 全部その隙間から出て空高く舞い上がり 神々のいる所へ戻って行ってしまいまったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『立ち位置』

『立ち位置』 友人のブログにコメントしなかったら 愛情と無関心は表裏一体だ…と 友人に言われた 自分の立ち位置を弁えろ 想像力の欠落している人間に 何を言っても無駄だって… 無関心でいる訳じゃない 自分の表現が見付からないだけ だから書き様が無かった それだけだったのだが それに対して不快感…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『今を生きる #2 -節目の0歳と5歳-』

『今を生きる #2 -節目の0歳と5歳-』 何でも人間は5歳ごとに成長し 5歳ごとに年を取るらしい… 30歳までは成長線の一途を辿り それを境に5歳ごとに下って行くらしい… 二十歳の頃に何かで読んだか 見たか聞いたかしていて 認識はその頃からあった 自分より年長の人が 25を過ぎたらとか30過ぎたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『貯蓄の日に思う事』

『貯蓄の日に思う事』 今日は『貯蓄の日』らしい でも、今日私が書きたい貯蓄は人の事… 私は引っ込み思案で 人付き合いが苦手で 融通が利かない 友人達はみんながみんな 口を揃えて『えっ?見えないよ。嘘ばっかりっ!』と言う なんでっ!? こんなに人見知りで 緊張して汗が噴出して涙が出そうなのに 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『はまひるがおの小さな海』

『はまひるがおの小さな海』 灯台のある岬の突端に たった一つ咲いている はまひるがおの花 そのはまひるがおが通りすがりのぼくに 『私を摘み取って下さい』と お願いした 岩のくぼみにある小さな潮溜まり そこに取り残された お魚一匹が はまひるがおの たった一人のお友達 潮溜まりはとて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今を生きる』

『今を生きる』 毎日赤ちゃんが生まれる 命も巡っている… 輪廻転生と言うらしい 抱いている思いも また巡るらしい 昨夜の事… 2年前に赤ちゃんを産んだ その時も私が夜勤だったらしい 初めてのお産で不安だった 何をしても落ち着かない 里帰りでご主人は京都 立会いは間に合わないかも知れない… そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『心に太陽を持て』

山本有三編 : 『心に太陽を持て』 : 改定版 足柄 金太郎 : 空の写真 何だか、頭と身体の神経が、 何か可笑しい…。 離れ離れになってるみたい。 セメダインでくっつけなければ…。 (*^_^*)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『桜桃忌』

『桜桃忌』 中学校1年生の時だったと思う 国語の授業で作家の亡くなった日を 作品や名前に因んで忌日にすると言う事を 国語の先生が教えてくれた その先生は学年主任の男の先生で 厳しい事で有名だったらしい 部活の先輩が言っていた ずっと3年生を受け持っていたから 新入生は久し振りで 『お前達は、落ち着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日に思う事

今年ももう終わりだ 1年『あっ』と言う間だった 年々加速を増す歳月に 追いつくのが必死な自分がいる それでも こうやって毎日 日記のように書き遺すと言う事は 加速を増すスピードの ブレーキのような気がする 平凡に生きている私は 人生が終わる時に この世で生きていた証が無い それは証が欲しい事と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生命の誕生に思う事(世界自殺予防デイに寄せる思い)

昨日、仕事は休みだった。 拘束勤務で、自宅待機と言うシフトがある。 緊急があれば、電話で呼び出されて、仕事に出掛ける。 昨日は、その仕事の日だった。 私が呼ばれると言う事は、何かあったと言う事だ。 電話が鳴った。 仕事に行き、手術で、 無事に新しい命がこの世に誕生した。 生命の誕生は、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏の思い出(動画付き)

今日、8月19日は、 俳句の日、 バイクの日。 今日は、馬鹿げた事を考えてみたい。 今から、日の出を見に行ってみよう!!! 朝日が見える所で、終わるツーリング。 そんなのも、たまには、いいだろう。 今から、数時間…。 何処まで行けるのだろう? そう、思って家を出た。 家を出て、走る。 何処に行こう?…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『雨が降ったら』

『雨が降ったら』 雨が降ったら 涙も雨でわからなくなる でも、雨は無い 仕方が無いから 空を見上げて 涙を止めよう 涙は下を向くと どんどん溢れ出て来る でも上を向くと 溜まった涙は 右目と左目 一滴づつですむ 或る日それに気が付いた 空を眺める癖も 時々役に立つ事もあるんだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

迷路に迷い込んだ時は?

毎日、書いていると、 どうしても、自分の感情や、 思いが出てしまいますね。 また、人生に迷いそう…。 (^_^;) この前、呑んだ同級生に、 いつも言われます。 『自分というものを、しっかり持っていないから、  人生に迷うンだ。  何年、大人やってるンだ。  何年、社会人やってるンだ。  もっと、自…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

友達のくまの、ぼやき

おてがみ、ありがとう。 くまより コメント有難うございました。 友達のくまも、 お礼を申し上げたいと言うので、 連れて来ました。 何とか頑張れるそうです。 (*^_^*)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

郷愁(ショパンの調べ)

昨日は、コンサートに行きました。 今年は、ショパンの生誕200年だそうで、 その、記念のコンサートでした。 まだ20歳の、ロシアの若いピアニストで、 ロシアの期待の星なんですって。 コンサートに行く前に、 私が、とっても大切にしていて、 いろいろな事を教えて下さっている、 ブログを書いている方がいらして、 ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の空と海

何か、海を見たくなって、湘南へ行きました。 15歳から10代の終りまで、一人で横須賀に住んでいて、 辛い事や、嫌な事があると、湘南に置きに来ていたので、 何となく、今でも、海を見にバイクで走りに行ってしまいます。 この前、同級生と逢って、 昔話をしたり、15歳の当時の自分の事を、 ブログに書いたりしたので、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生命の記憶(海の日に思う事)

生命の誕生は、海から始まっていると言います。 それは、血液の成分や、 母胎内にいる時に、 羊水の中に育まれている、 胎児の成育環境も、 海の生き物と、とても、似ているそうです。 海の生き物が、自由に泳ぐように、 胎児は羊水の中で、泳いでいるんですね。 不思議ですね…。 生命の誕生の記憶が、 何億年も続いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同級生(一生分の1時間の我慢)

金曜日に、中学校の時の同級生と飲みました。 いつも、急なんですよ。 『今日は仕事か?』と、メールが来て、 『いーや、休みだけど、何で?』と返信すると、 『今から、飲むぞ!!!』 『うん、わかった!』と、メールのやり取りがあり、 飲む事になった訳です。 いつも、その同級生より飲んでしまうんです。 『中ジョッキ2…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

有難う100個入り

お中元は、半年生存の無事を祝い、 祖先の霊を供養する日だそうです。 元々は正月15日の上元、7月15日を中元、10月15日の下元をあわせて、 「三元」とする中国の習慣が伝わったもので、 日本では「盂蘭盆会」と日が重なったことから、 祖先の霊を供養し、両親に食べ物を送るようになったそうです。 この習慣が、目上の人、お世話に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人魚の涙(真珠の日)

子供の頃、本は良く読みました。 好きなお話は、幾つかありますが、 『人魚』のお話は、好きなお話の一つで。 小さい頃は、人魚って、本当にいると思っていました。 人魚は、涙を流すと、その涙は真珠になる… 人魚の爪は、桜貝で、出来ている…。 そう、思っていました。 アンデルセンの『人魚姫』も好きなのですが、 私の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主人公

1番 2番 7月7日、さださんのコンサートに行きました。 小学校5年生位から大好きで。 好きになった、きっかけは、隣の席の男の子が、 休み時間の度に、さださんの歌を歌っていて、 自然に耳に入ってきて、好きになりました。 一番初めに聴いた歌を、覚えていない事が、心残りです。 この、『主人公』と言う歌は、 私の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3個目の『目』

目には見えない、 見る事が出来ない、 真実を見極める、心の目で、 真の姿を見る…。 そうありたい、そうでいなければ…と言う、 自分自身の、心掛けたい願望ですね。 (*^_^*)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

河童(甲羅と共に生きる道)

甲羅って、時々すごく重いンです…。 多分、心も同じですね。 簡単に捨てられないものを抱えてる…。 そしたら、折り合いを付ける…って事、 必要ですもンね? 河童より
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の空

思ひ出の、 素敵な音楽のお礼です。 下手な俳句付きです。 優しい雨音が聴こえました。 (*^_^*)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『10個の耳と目と心』

『10個の耳と目と心』 10個もあるから 半分でも5個も残っている そのうちの 使うのは1つだけだから とっても効率がいいと思う 心の耳で聴き 心の目で見て 心で感じれば きっと、本物が 見えるンじゃないかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more