テーマ:植物

『エバーフレッシュ』

『エバーフレッシュ』 エバーフレッシュという観葉植物があって これが生き物みたいに夜に葉っぱを閉じる 合歓の木の親戚のような植物を育てている… と言うかたまに水をあげるくらいだから 育てていると言うのは若干語弊があるけれど 毎年花を一つだけ咲かせる もっと鈴生りに咲かせてみたい願望はあるけど 上手く行かなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『仏桑花』

『仏桑花』 今日は晴れたり曇ったり 雨が降ったり止んだり 蒸し暑くじめ~~~っとして 嫌な天気だった 今日は夜勤明けだったのだが 家に帰って来る途中で ハイビスカスが咲いている…と思って 写真を撮り家に帰って来て調べてみたら ハイビスカスの仲間で 仏桑花と言う名前の花だった 沖縄では赤花と言うそうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『烏瓜の花』

『烏瓜の花』 今日は仕事だったのだが 帰りが夜になってしまった 家から駅までに行く途中に 公民館の駐車場があって それを取り囲むように 木や植物が植えられている 朝そこを歩いている時に 烏瓜の花が咲いていた 正確に言うと烏瓜の花は夜咲くので 朝はしぼんでしまうのだが そのしぼんだ花がたくさんあった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『雨の朝』

『雨の朝』 雨の朝だった 仕事だったので 駅まで行く道すがら 雨でびしょ濡れになった 葉っぱの写真を撮っていた レンズを拡大して見たら 葉っぱに隠れて鬼灯の橙色の皮?が見えた 隠れてたつもりかも知れないけど 見えちゃったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『薊』

『薊』 薊の花が咲いていた 一輪だけ… 葉っぱの棘が痛そう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヘビイチゴ』

『ヘビイチゴ』 ヘビイチゴ… 漢字で書くと蛇苺 民家の壁と側溝の僅かな隙間に 赤い実が生っていた 果実はいかにも毒々しい 私の勝手な思い込みと独断と偏見で 悪い魔法使いが食事代わりに 摘まんで食べていそうな印象もあるし 見た目から毒苺とも呼ばれることもあるのだが 実際には味も香りも無く毒は無いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビヨウヤナギ』

『ビヨウヤナギ』 柳の仲間ではないけれど 葉っぱが柳に似てるから ビヨウヤナギって言うんだって… 今月の始め頃に 花壇で咲いていた 鮮やかな黄色い花で 雄蕊はたくさんあって 生糸のように細く外側を向くのが 特徴なんだって 赤い実が可愛い 今日で6月も終わり 半年経っちゃった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゼラニウム』

『ゼラニウム』 今日の花は ゼラニウムなんだって 公園の花壇に咲いてた 赤いゼラニウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『紫露草』

『紫露草』 紫色の花が露草に似ているから 紫露草って言うんだって… 朝咲いて午後に花を閉じる 儚い命を朝日に消えてしまう 朝露に喩えて名前が付いたんだって… 今日夜勤明けだったのだが家の最寄り駅から いつもと違う道を歩いて帰って来た 公民館の前に公園があってその前を通って 少し歩くと団地があって団地を囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヘリオトロープ』

『ヘリオトロープ』 今日の花は ヘリオトロープなんだって 和名は木立瑠璃草と言う ギリシャ語の名前の語源は 『太陽に向かう』って意味らしい 昔々は香水の原料にもなった花で バニラの香りがするらしい 天然の精油を採油していたのだが 収油率の低さ・香りの揮発性の高さが デメリットとなって合成香料で代用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『何の花?はやっぱり…』

『何の花?はやっぱり…』 数日前何の花?という記事を書いた 今日は夜勤明けだったのだが あの花はどうなった?と思って 仕事帰りに見に行ってみた そうしたら思っていた通り 捩れて来てやっぱりネジバナだった 真っ直ぐ咲いたっていいものを わざわざ捩れなければならない その意図的な意味は何ぞや? ネジバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『蛍袋』

『蛍袋』 蛍袋が咲いていた 昔の子供たちは 花の中に蛍を入れて 遊んでいたんだって 最後に蛍を見たのはいつだったかな? 子供の時だったのは間違いないんだけど また見たいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『木蓮』

『木蓮』 家から最寄駅に行く途中に 一度も行ったことが無いのだが 懐石料理のお店がある 美味しいと評判で地元では人気があり 予約もなかなか取れないらしい お店の定休日に主が自ら 庭木の手入れをしているところを 何度も何度も見たことがある 主も女将さんも お客さんが帰る時に姿が見えなくなるまで 手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『何の花?』

『何の花?』 公園の花壇にどこからか 種がこぼれて一輪花が咲いていた 葉っぱはネジバナに似てる気もするけど 花は捩れていないような気もする これから捩れるのかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブドウ』

『ブドウ』 職場のフェンスを隔てた隣の家の ブドウの蔓が伸びてきたって 思っていたら結実した …ということは 花が咲いてたって訳だが 花に気が付かなかった 何だか濃い緑色で 楕円形のように見える このまま緑でマスカットのようなブドウなのか 色が変わって巨峰のような紫色のブドウなのか ブドウ狩りに一度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『姫筍』

『姫筍』 昨日は先輩と夜勤だった 先輩は山形の人で 従兄弟が筍を送って来たので 採れたてを茹でて来たから ご飯の時食べようねと言って 差し入れてくれた 薄い若竹色が爽やかで 見た目からも新鮮さが伝わる 煮物でも良かったんだけど 採れたては茹でて マヨ醤油がお勧めだからと言って 野菜のディップの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『忘れ草』

『忘れ草』 忘れたいと思うことは なかなか忘れられず 忘れてはいけないことを 簡単に忘れてしまう 人間の脳って不思議
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『梔子の花』

『梔子の花』 職場の最寄駅を降りると 煉瓦のような石畳が敷き詰められていて そこを取り囲むように梔子が植えられている 白い花が空気を爽やかに染めている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『昼咲桃色月見草』

『昼咲桃色月見草』 駅に行く途中に植えられたものなのか 野生化したものなのかは分からないが 昼咲桃色月見草が咲いている 写真を撮ったこの場所で 毎年この時期咲いているのだが 今年は何となく花数が多い気がする 月見草って名前がついているけれど 太陽の方が好きみたいだけど 夜も咲いてるような気がしたんだけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『クローバー』

『クローバー』 今日の花はクローバーなんだって 何度かブログにも書いたことはあったけど ちゃんと調べたのは初めてかも… (。_。;) クローバーはマメ目マメ科 マメ亜科シャジクソウ属で 車軸草は葉っぱは似てないけど 花は蓮華草にちょっと似てる 蜜源植物なのは周知の通りだけど クローバーの蜂蜜は調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エバーフレッシュ(3)』

『エバーフレッシュ(3)』 この前ブログにも書いたのだが エバーフレッシュの蕾が一つ付いていて 開花を今か今かと待っていたのだが 今日夜勤から帰って来て鉢を見たら 花が咲いてた 花は2cm位かな? 地味だし色もぼんやりしていて お世辞にも綺麗だとは言えないけど こんな花でも咲くと育てた観があって ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『甘野老(アマドコロ)』

『甘野老(アマドコロ)』 今日の花は アマドコロなんだって ナルコユリに似てるから 間違って覚えている人も多いんだって 茎の形と葉っぱが違うらしい 花言葉は『元気を出して』 元気が出るってよく言うけど 私は元気は出すものだと思う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エバーフレッシュ(2)』

『エバーフレッシュ(2)』 今月の初めにエバーフレッシュの 若芽が出て来たことを写真を撮って ブログに書いた 3、4日か4、5日に一度は ちゃんと水をあげていたのだが いつ蕾をつけたのか気が付かず 今日になったら一輪だけ 蕾をつけていた じゃんじゃん咲いて欲しいけど 葉っぱはどんどん芽を出すのに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラシの木』

『ブラシの木』 写真の手前の木が 『ブラシの木』で 今日の花なんだって 何だかブラシかタワシか 変わった花だよね? カリステモンと言う別名は ギリシャ語なんだけど 原産国はオーストラリアなんだって 動物園で撮った写真なんだけど 柵があって近くで撮れなかった 確か丹頂鶴の前だったと思うのだが 北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『虫取り撫子?だと思う』

『虫取り撫子?だと思う』 歩いていたら道端に虫取り撫子?だと思うがだが 一輪だけ咲いていたので携帯で写真を撮ってみた 花数が少なくて人間に喩えたら 虚弱体質で華奢で食が細く貧相な感じ? 名前の由来は茎上部の葉の下に 粘液を分泌する部分が帯状にあって そこで小昆虫を捕らえることに由来するが 捕獲された昆虫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『公園の木』

『公園の木』 今日は夜勤明けだった 朝から雨が降っていて 用はあったのだが出掛けるのも雨だし 何だか面倒だなと思いつつひと寝入りしたら 午後から雨が止んだので出掛けることにした 清明の頃に 近くの公園に植えてある 木の写真を撮った で… 今日その前を通ったら 何だか細かい白い花がわんさか咲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『額紫陽花』

『額紫陽花』 最寄り駅まで行く途中に 額紫陽花が咲いていた いつもの年より開花が早い気がする まだこの一輪しか咲いていなかったけど 紫陽花が咲くと梅雨をイメージする 雨が似合うからかな? 額紫陽花は中心に 小さい碧紫色の花が 多数密生して咲いていて 周囲には大形の装飾花が並ぶ それが額縁を思わせるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『芍薬と牡丹(百合はおまけ)』

『芍薬と牡丹(百合はおまけ)』 花が似ているから時々迷うけど 芍薬は草で牡丹は樹木 葉っぱも芍薬は丸みがあって 牡丹は切込みが入っている 芍薬は草だから冬は地上部分が枯れるけど 牡丹は樹木だから冬でも枯れない そこが違う 芍薬 牡丹 おまけの百合 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more