『蛇の目菊と蛇の目の模様』

画像


『蛇の目菊と蛇の目の模様』

今日の花は蛇の目菊なんだって
花の名前に目が付いてるからかな?
花言葉は『私を見つめて』

蛇の目の語源が気になったもので
広辞苑と語源辞典それと
wikiで調べてみた

定義
二重丸の中を塗りつぶした
図形のことを蛇の目という

語源
蛇の目は日本の家紋『弦巻紋』の一種である
弦巻は弓の弦を巻着付けるために
腰あたりに付ける籐などでできた武具のこと
その形状が蛇の眼に似ていることから
蛇の目と呼ばれるようになったと
wikiに書いてあった

で…

画像


蛇の目文様を調べてみたのだが
まぁ思った通り目玉のような文様だった
家紋と言ってもいいのかな?
気になったのは蛇の目九曜の文様…

九曜というのは元々は古代インドの
天文や占星術の9人の神様で
サンスクリット語では
『9つの惑星』と言う意味だそうである
(陰陽道の九星とは別のもの)

日本では
月曜(勢至)・火曜(虚空蔵)・水曜(弥勒)
木曜(薬師)・金曜(阿弥陀)・土曜(聖観音)
日曜(千手観音)・計都(釈迦)・羅睺(不動明王)の
9つを『九曜曼荼羅』として
平安時代には交通安全に霊験があると
信仰の対象だったらしい
それを家紋にするあたり仏に帰依し
ご加護を祈願したんだろうね?

蛇の目九曜紋は織田家家臣の
佐久間信盛の家紋なんだって…

と…
限が無いのでこの辺で止める

お花からどんどん違う方向に行っちゃったけど
蛇の目の語源って面白いと思わない?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック